ちゃああるのユルみ

集え煉獄民

推理ゲートから巣立つ煉獄民 2 悩むちゃあある

  はいどうも僕です!予告編の通りやっていこうなと…

f:id:cyaruuuuuu:20161028214114j:plain

今回は推理ゲートの代わりになにを抜いたかというと…

この構築の…

↓↓↓↓↓↓↓ 

f:id:cyaruuuuuu:20161121182114j:plain

上の画像のマサイ3ファーファ1アシュメ1ベルフェ1アドラ2ベルゼ1昇華1左腕2芝刈り3死徒1推理ゲート3タイギャラ1ダンテ1グランパルス1を抜いて

f:id:cyaruuuuuu:20161121180018j:plain

これを入れてみた。

試しに何回か回してみた。

 

 

 

Ex) ハンド初手5枚→デカトロン1光の援軍1虚夢1護封霊剣1死徒1

        →デカトロン1ベルゼ1ルキフ1アスタ1昇華1

 

 

等のハンドになった。

実際この型だと光の援軍と虚夢(昇華サーチも含む)と饗宴(昇華サーチも含む)

となり墓地肥やしカードを引いても推理ゲートや芝刈りのような爆発力がなく虚夢に頼りっぱなしというプレイになってしまう。(1人回しなので大会出てみないかぎりは判断しづらい)

 

これでも十分楽しいが推理ゲートをいれた方がこの場合だと上振れ下振れはあっても多少は肥やせるなという印象をいだいた。なのでこの構築はないなあと思わされた。

またシラユキの利点である墓地にあるいらない魔法罠を除外して動くというほど魔法罠が落ちずまた素引きが難しいという点からシラユキピン積みはないなとも思わされた。

 

逆に…

この構築の強みはほぼ確実にnsできるモンスターが初手にいることではないかと… 

何をするにもこれだとssだけでは補えない部分や相手の盤面を捲れることで初めて動けるといった弱点もありどうしても、nsできるモンスターに頼ってしまいます。nsしたときに強いのはデカトロンですが、次点ではライデンという墓地肥やしができてそこそこの火力がありなおかつチューナーという素晴らしいスペックの持ち主がいるのです。

デカトロンとライデンがこの構築の鍵と言っても過言ではありません。

 

ただ難しいのはどちらも引いてしまった場合です。

 

ここは人によってどちらをnsするかは違いますがぼくならば…

 

 

・デカトロン→初手にノイド下級or魔法罠のみ(虚夢とそのサーチがないとき)は優先的にこちらを出します。

 

・ライデン→ハンドにルキフかアスタかどちらかがいてなおかつその他のハンドが妨害(制限カードor聖杯皆既のいずれか)or展開、肥やし札(この場合だと虚夢か援軍)がある場合にこちらは出します。

 

なお饗宴で出すモンスターはデッキに2枚以上デカトロンがいてベルフェもデッキにいるならば→デカトロンデカトロンベルフェゴル

デカトロン1枚またはベルフェゴルがいないなら→デカトロンルキフアスタ(相手のデッキや墓地を見て、わからない場合は基本的にリリス)にします。

 

また最近はサイドに超融合が流行っているみたいなので、以外と気づいている方は少なくないかもしれませんが、デカトロンデカトロンベルフェゴル(ネヘモスリリス)は超融合で吸われて相手にティエラを出されるかもしれないので要注意です。(まだ流行っていないはず…)

 

 

とまあこんな具合です。

 

少しライロ軸のノイドは練りが足りてないと思うのでもう少し練って公認等の大会に行ったらまた考察や感想をあげたいと思っています。

 

 

 

ではこのへんで~

 

またどこかで~